ブログ アーカイブ

2017年11月19日日曜日

気をつけて!その色の服を着るとシミ・しわが増えるかも・・・





 普段目にする様々な色が、


見えないところで私達に影響を与えていると聞きました。



生活の中で目にする色が、私達の心を落ち着かせたり、


どきどきさせたり、食べるものの味を変えたり、


顔のシミやしわを増やすこともあるのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目次

1.肌は色を感じる

2.マグカップの色により珈琲の味も変わる

3.肌にシミやしわを増やす色

4.史上最強の色とは?

5.好きな色で性格診断

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





   肌は色を感じる               



人は見ていなくても、肌で色を感じています。


皮膚は色を識別できるという研究結果もあるほどです。



たとえば、


ブルー系のシーツを使用したり、青い色の服を着ると、


心拍数が減少し血圧も低下して、


気持が落ち着く効果があるのです。





逆に赤色のシーツを使用したり、赤い色の服を着ると、


血流がよくなり、血圧も上がります。





気分を落ち着かせたい時には『青』


落ち込んだ気分を高揚させたい時には『赤』を用いるといいのです。













マグカップの色によって、珈琲の味も変わります。


白のマグカップに入れると、苦く感じ


青のマグカップに入れると、甘く感じるのです。



   肌にシミやしわを増やす色          


そして『黒』は肌の大敵なのです!


黒色の洋服は、エレガントで、またどんな場面にも適応できるので


好む女性は多いと思います。


私も若い頃から黒い服が好きでした。


黒一色というわけではなく、緑・ピンク・赤・茶などの色も


好んで着ていましたが・・・




黒い服や下着をつけていると、肌のシミやしわを出してしまうのです。


太陽の光りには、肌の活性化を促す波長の光りがありますが、


黒い服を着ると、太陽の良い光りを服が吸収してしまい、


肌まで良い光りが届かず、新陳代謝を抑制してしまうために


シミやしわができやすくなるのです。







そういえば・・・・


若い頃はシミ・しわなど全くなかったのに、


ここ十年ぐらいでシミが増えました。


思い返せば、子育て期間中は、着るものに無関心で


頂いたものを着ているような毎日でした。


頂いた服は黒が多かったんです。



毎日暑い日差しを浴び、化粧をしても、汗ですぐに流れ落ちてしまい


気がついたら、シミができていました。



日差しだけでなく、服の色も関係していたのかもしれません。




では、どうしたらいいのでしょうか?


シミ・しわを防ぐためには、カラフル服も着たほうが良い!



ということです。







私も今更ですが、これ以上シミを増やさないようにと


明るめの色も着るように気をつけ始めました。




  史上最強の色とは?              


色の中でも、ピンク色は『史上最強の色』と言われています。


ピンク色は、攻撃性を減少させる効果があります。



そして、老化予防に効果があるのです。


なぜかと言うと・・・


ピンク色を見ると、女性ホルモンの分泌が、盛んになるのです。



ピンク色の服を着ると、着て15分くらいでその効果が出ると言われています。








   好きな色で性格診断              



好きな色で性格傾向が分かります。



緑色が好きな人・・・落ち着きたい・認められたい願望が強い


白色が好きな人・・・目的意識が高い・完璧にしたがる


青色が好きな人・・・まじめ・誠実・律儀


赤色が好きな人・・・自己主張が強い


紺色が好きな人・・・黒の要素が強い・人と話をすることを嫌う


オレンジ色が好きな人・・・陽気で社交的


黄色が好きな人・・明るく話し上手


紫色が好きな人・・・繊細でロマンチスト


ピンク色が好きな人・・・愛情深い・傷つきやすい


茶色が好きな人・・・自己表現が苦手・責任感がある


灰色が好きな人・・・感情をあまり見せない・優柔不断



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




日本に住んでいたころの私は、長めのスカートにブラウスやシャツ



プラス、スカーフというフェミニンな格好が大好きでした。


柔らかなイメージにしたい日は、薄いピンクのスカーフ。


落ち着いた感じにしたい日は、緑色のスカーフ


寒い日に温かいイメージにしたい日には、ワインレッドのスカーフと


その日の服装と気分で、スカーフの色を変えて楽しんでいました。



暑い国に住み、大好きだったスカーフともサヨナラして、21年。


服装で色を楽しむ事も忘れていました。


でも、毎日目にする、朝焼け・夕焼けの赤やオレンジ。


そして白い雲の隙間に見える水色の空と、うっそうと茂る木々の


黄色オレンジ・白と色とりどりの花々です。


服はシンプルな色ばかりでも、周りの色で


心を落ち着かせたり、高揚させたりしているのかもしれません。


読んで下さりありがとうございました。